top of page
検索
  • 執筆者の写真池内 瑞知子

124年ぶり

こんにちは。総務部の池内です。

緊急事態宣言からワクチン接種…

新型コロナウイルス関連のニュースも気になるところではありますが

今年の節分が2月2日で、それが124年ぶりっていうニュースに唖然としてしまいました。

今となっては“ニセ記憶”って事なんですが

「お母さんが子どもの時、節分が2月2日やった事がある。」と、子どもに話していました。

あれ?私、何歳でしょうか?124年前に子どもでした?

124年前、1897年明治30年…偉大な作曲家“ヨハネス・ブラームス”が亡くなった年です。

次に2月2日が節分になるのは、2025年…そこからは4年毎に2月2日が節分になるそうです。地球の“ずれ”や“ゆらぎ”の具合だそうですが、とにかく、今年の恵方巻は2月2日に食べましょう!

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

勇往邁進

こんにちは。総務部の池内です。 前回からの続きになってしまいますが、息子が新社会人になりました。 入社式・基礎研修を終え、配属前の新入社員研修のため四国へと引っ越していきました。研修期間は10ヶ月だそうです。 ご記憶くださっている方がいらっしゃいましたら重複になりますが、昨夏に娘が九州に引っ越したばかりで、1年経たぬうちに息子が四国に…母親としましては悲しいのが本音です。 さて、今回のタイトルは『

卒業証書

こんにちは。総務部の池内です。 先日、息子が大学を卒業しました。入学式は新型コロナウイルスの感染拡大で挙行されなかったので、卒業式の参列はとても楽しみにしていました。…と、ここでムクムク湧き出る問題がありますね。『大学の入学式・卒業式、親が行くのか?問題』です。子どもが嫌がるから行かなかった、というご経験もあるかと思いますが、そちらも本人に確認した上で参列いたしました。ウチの場合は「卒業式、お母さ

焦心苦慮

こんにちは。総務部の池内です。 今回のタイトルは、何だかちょっと重苦しい感じの羅列になってしまいました。読み方はそのまま『しょうしんくりょ』です。色々な心配事で焦って苛立つ、という意味です。 実は、公私ともに色々とありました。色々あったので、ここの更新をためらってしまっていました。何だかマイナスな後ろ向きな文章になりそうで…。ですが、本来の目的は毎月とにかく更新する事ですので、何とかこれ以上は延ば

Comentários


bottom of page